飼い犬の散歩

初めて飼い犬の散歩をおこなうとき、どのようにしたらいいのかわからないことだらけではないのでしょうか。
例えば、何時に犬の散歩をさせればいいのか、雨の日はどのような注意をすればいいのかわからないことだらけです。
犬の散歩時間は何分ぐらいなのか、街中で他の飼い犬と出会ったときにはどのようにするべきか、持っていくモノはどのようなものなのでしょうか。

暑くなる季節には、犬の散歩の時間を変えなければいけません。
真夏の炎天下は、アスファルトが熱せられ熱くなりますので、犬は火傷や熱中症になってしまいます。
真夏では、自分の手の平で暑さを確認してから散歩をしましょう。
さらに犬用の飲み水を持って行った方がいいでしょう。
相手が人間なら気を遣って用意をしますが、犬ですと会話での意思疎通ができませんので、飼い犬が嫌がっていてもわかりません。
その為、人間以上に気を遣わなければなりません。
糞の始末などは、犬を散歩させる上ではマナーです。
糞を始末しなければ通行にすべてに迷惑が掛かってしまいます。
飼い主が責任を持って散歩をしなければなりません。

飼い犬にとって散歩はとても嬉しいものです。
散歩は犬にとってストレス解消になり、運動能力を維持し、刺激を与えることができ神経系を活性化する働きもあります。
老衰による身体能力の低下、病気などのような特別な理由がない限りは、飼い犬に新鮮な空気を吸わせることのできる散歩は続けなければなりませんので。
飼い犬の散歩について本サイトで解説します。

Copyright © 2014 飼い犬の散歩について All Rights Reserved.